「元気な高齢社会の構築」「子そだて環境の整備充実」

Report

活動報告

「人への思いやり」が社会を明るくする

[灘区を明るくする区民運動] 区民集会において、神戸市立長峰中学校3年の中井雄太君が
作文を発表してくれました。

人として忘れてはならない事を中井君は教えてくれました。

少し長い文章ですが、中井君の許可を得て全文をご紹介します。

 

 『僕が思う社会を明るくする方法』  中井 雄太

僕は生まれたときから体が人より不自由でした。
といっても手がない、足がないというものではありません。人より骨の成長が遅く
手が短く背が低いのです。なので僕は今まで十回近く骨の手術を受けてきました。

僕が小学校へ入学したとき、最初はみんなからは「チビ」と言われたこともありましたが、
だんだんと僕の体のことを理解してくれて友達も増えていきました。

僕は手や足が短く体力もないので自分一人で出来ることが少なかったです。

例えば、授業で教室を移動するとき荷物をすべては持つことができませんでした。
そんなとき友達が「僕が、私がやるよ」と自分からいってくれて手伝ってくれました。
僕は今までの学校生活で協力ということを学びました。

そんな僕が考える「人への思いやり」とは助け合い、協力しあうことではないかと思います。

犯罪や非行を犯した人の気持ちは「どうせ僕なんてこの世にいないほうがいい」などと
自分のことをマイナスに考えてしまっていることが多いと思います。

自分も失敗ばかりしてじゃまと言われたときに「どうせ自分は」と考えて、あいつをいじめて
やろうとか死んだほうがましだと思ったことがありました。
けれどそんなときにいつも助けてくれた両親や友達、学校の先生方のことを思い出して
「こんなことをしてしまったらみんなが助けてくれた意味がない」と思って、そのような
行動をしませんでした。

犯罪や非行を犯した人は、自分一人でここまで生きてきたと思っている人も多いと思います。

でも一人だけで生きてきたというのは絶対に間違っています。

どれだけお金をかせげたとしてもどれだけ勉強して頭がよくても生きている中で一人だけで
生きてこられたとは言えません。

なぜなら人は親が何らかの事情でいない人でも他の誰かが必ず育ててくれたと思います。
僕の学校の先生はいつも「あなたたちの命の半分は親のものだ」とおっしゃっていますが
まさにその通りだと僕も思います。

今、「自分はどうせ」と思っている人がこれを読んでいるのならここで言わせてください。

「どんなに失敗が多く人に認めてもらえなくても生まれてきた意味は必ずあります。」

「どうせ自分は」ではなく「自分だからできる」ものを見つけてください。
そのためには周りの人がその人に思いやりを持ってください。

この世界のみんなが「人への思いやり」を持つかとが出来たなら、この社会はきっと
明るくなると思っています。

「巨大ヒアリにドッキリ!!」
2017年07月30日

「巨大ヒアリにドッキリ!!」

11/14(火)に、三田市にあります「人と自然の博物館(ひとはく)」に行って来ました。 冷たい雨の中でも子ども達が見学に来ており、賑やかな声も聞こえていました。

詳しくはこちら
『木の根っこが防災に一役!』
2017年07月30日

『木の根っこが防災に一役!』

10/24(火)「森林林業フォーラム2017」に参加しました。 兵庫県森林林業技術センターが開催した、減災研究の最前線の発表会で、80名近い一般市民が兵庫県の減災対策を真剣に聴いていました。

詳しくはこちら
「本当に、本当にスゴい人、人、人でした!」
2017年07月30日

「本当に、本当にスゴい人、人、人でした!」

10/14(土)の夕刻、神戸市東灘区のJR摂津本山駅の北側交差点に、安倍総理が盛山 正仁 候補の応援に駆けつけて下さいました。

詳しくはこちら
「翼をください」の真の意味を知りました。
2017年07月30日

「翼をください」の真の意味を知りました。

9/30(土)に兵庫県立西神戸高等特別支援学校の開校記念式典に出席し、僭越ながらご挨拶させて頂きました。驚いたことに、当校の校歌を作詞・作曲してくれたのが、あの「紙ふうせん」の後藤悦治郎さんでした。

詳しくはこちら
「赤ヘル旋風の立役者!鉄人衣笠!」に会えて感激です!
2017年07月30日

「赤ヘル旋風の立役者!鉄人衣笠!」に会えて感激です!

9/16~9/19に行われたスポーツマスターズ兵庫大会の前夜祭にての一時。

詳しくはこちら
『世界遺産の和食の危機!? 出汁の真昆布の不漁が続く!』
2017年07月30日

『世界遺産の和食の危機!? 出汁の真昆布の不漁が続く!』

この2~3年、北海道の真昆布の不漁が続いています。 今年は8月の解禁後3回しか漁に出られなかったとのこと、和食の基本である出汁(だし)が危機状態です。

詳しくはこちら
元気兵庫の実現へ向けて邁進いたします
2017年07月30日

元気兵庫の実現へ向けて邁進いたします

8月の県政報告です。今後も地域事情を反映した政策作りと、若者が参加できる政治の実現に向けて活動を進めていきます。

詳しくはこちら
「人への思いやり」が社会を明るくする
2017年07月30日

「人への思いやり」が社会を明るくする

[灘区を明るくする区民運動] 区民集会において、神戸市立長峰中学校3年の中井雄太君が作文を発表してくれました。 人として忘れてはならない事を中井君は教えてくれました。 少し長い文章ですが、中井君の許可を得て全文をご紹介します。

詳しくはこちら
「人の頭蓋骨か?六甲山上で発見」
2017年07月30日

「人の頭蓋骨か?六甲山上で発見」

6/29の神戸新聞朝刊に小さな記事が載りました。 神戸市灘区六甲山上の「さわるみゅーじあむ 山の上美術館」に行くための道の、補修工事をしていたときに起きたことです。

詳しくはこちら
「灘消防団女性消防隊発隊式」
2017年07月30日

「灘消防団女性消防隊発隊式」

今年の9月30日(土)に秋田県で、第23回全国女性消防操法大会が開催されます。 全国47チームが集まり、きびきびした行動、ホースの延長状況、タイム等を競います。

詳しくはこちら
石破茂先生の講演会を開催いたしました
2017年07月30日

石破茂先生の講演会を開催いたしました

6月17日に石破茂先生の講演会を開催させて頂き、400名近い方々が石破先生のお話を大変楽しみに、お集まりくださいました。

詳しくはこちら
本当に、本当に、感激しました!!
2017年07月30日

本当に、本当に、感激しました!!

「第4回 知的障害者によるアンクルン演奏会」に行ってきました。 知的障害を持つ方々がインドネシアの竹製伝統楽器アンクルンを演奏する 会でありますが、今年は神戸市民オーケストラとの共演をするということで、 大変楽しみにして参りました。

詳しくはこちら
住民の立場に立った防災を!
2017年07月30日

住民の立場に立った防災を!

この度「景観に配慮した防災を考える議員連盟」を立ち上げ、加田幹事長とともに井戸知事に報告致しました。

詳しくはこちら
「生きる道」を選んで欲しい
2017年07月30日

「生きる道」を選んで欲しい

4月28日に開催された、「いのち支える自殺対策 トップセミナーin兵庫」に参加しました。我が国の自殺者数は年間2万人を超えています。

詳しくはこちら
「投票は18才から、演説会は0才から」
2017年07月30日

「投票は18才から、演説会は0才から」

この言葉は、小泉進次郎衆議院議員が3月20日に淡路市で開催された『兵庫県議会自由民主党政務調査会』で講演されたスローガンです。

詳しくはこちら
「一輪の花が心を落ち着かせる」
2017年07月30日

「一輪の花が心を落ち着かせる」

昨年9月よりシリーズで開催している『QOLの向上を目指そう!』の第3回目の勉強会を3/17(土)に岩屋青年会館で開催しました。 日々忙しい現代人はとにかく時間に追われ、イライラしていて、すぐにカッとなってしまう傾向があります。

詳しくはこちら
「今だけ」「あなただけ」「ここだけ」が人を満足させる!!
2017年07月30日

「今だけ」「あなただけ」「ここだけ」が人を満足させる!!

3月26日、宍粟市選出・春名哲夫議員の県政報告会に石破茂衆議院議員が来られ、 「地域創生。宍粟の元気づくり」の演題で70分間の力強いお話をされました。

詳しくはこちら
「あなたはハンセン病の事を知っていますか?」
2017年07月30日

「あなたはハンセン病の事を知っていますか?」

2月4日に、「ハンセン病問題に関するシンポジウム」が開催されました。 この会が兵庫県で開催されるのは初めてのことです。

詳しくはこちら
小泉進次郎先生にお会いしました。
2017年07月30日

小泉進次郎先生にお会いしました。

先日、小泉進次郎先生の事務所にお伺いさせていただきました。 3/20に淡路で開催されます「自民党兵庫県議会政務調査会」において、小泉先生に基調講演をお願いしておりますので、その打ち合わせに執行部として行かせていただきました。

詳しくはこちら
とっても変わった人達の集まり…。
2017年07月30日

とっても変わった人達の集まり…。

先日、異才発掘プロジェクト(ROCKET)の活動報告会に行って来ました。 ロケット(ROCKET)とは、東京大学の先端科学技術研究センターが行っている研究です。

詳しくはこちら