「元気な高齢社会の構築」「子そだて環境の整備充実」

Report

活動報告

第2回 灘区命の授業を開催しました

「こんなにも困っている妊婦さんがいたのか!その現状に心が痛みました。」
今回は、永原 郁子先生が心血注いでこられた「小さな命のドア」の活動で、この一年間に助けを求めてこられた妊婦さんたちの苦悩をお伺いいたしました。
一年間で1,350件、月平均100件の相談を受けられ、その多くが夜中のご相談であったことは、夜一人になるとその不安に潰されそうになる妊婦さんの心の悲鳴の現れであり、その生々しい体験をお伺いいたしました。
例えば、9月に家を飛び出して公園で寝泊まりされていた妊婦さん、彼女から相談があり保護できたのは12月とのこと、僅かな所持金は妊婦検診のために置いておくため、毎日の食事は食パンの耳をかじって、子供と生きることを選んだ彼女のいで立ちは、12月であるにも関わらず、夏のサマードレスにサンダルであったとのこと。このような妊婦さんの相談を毎日毎日24時間体制で受けてこられた、「小さな命のドア」のスタッフの皆さんには本当に頭が下がります。 この活動を行政として何とか支援できるように、私の政治生命をかけて尽くしてまいります。

以下、簡単ですがまとめました報告書を添付いたします。


メイン画像 メイン画像
北浜みどり県政報告 & 第2回 灘区命の授業
日 時  : 令和元年10月19日(土)10:00~11:30
場 所  : 六甲道勤労市民センター 4F和室
講 師  : 永原 郁子 氏(マナ助産院 小さな命のドア代表)
テーマ  : 「小さな命のドアに助けを求める女性」

日時:
令和元年10月19日(土)10:00~11:30
場所:
六甲道勤労市民センター4F和室
講師:
永原郁子氏(マナ助産院 小さな命のドア代表)
テーマ:
「小さな命のドアに助けを求める女性」

<配布資料>

・「児童虐待防止法、児童福祉法、民法の改正」についての説明資料
・「189」ステッカー(厚生労働省)
・令和元年政務調査会活動方針(兵庫県議会自由民主党議員団)

<県政報告>

・令和元年の自由民主党議員団の活動について
・児童虐待防止活動として「灘区命の授業」の取組みについて
・農政環境委員として、今年度に取り組む特定テーマ「6次産業化」について
・「いのち政策プロジェクトチーム」の発足について

<講演要旨>
『小さな命のドアに助けを求める女性』

◎虐待の現状
・2019年の新生児、殺害・遺棄事件 … 10月まで14件(内11件死亡)
・2018年の新生児、殺害・遺棄事件 … 19件(内13件死亡)
・心中以外の虐待死…52人 + 心中による虐待死…13人 = 65人
・心中以外の重症 …23人 + 心中による重症 … 0人 = 23人
※死亡の殆どが0歳児(53.8%)、加害者の96.6%が実母(47%が24歳以下)

◎中絶の現状
・平成29年度の人工中絶数 … 168,015件(460人/日)の届け出
               (10~20代 86,158人・236人/日)
・平成29年度の出生数960,000件 + 中絶数 =1,128,000人の妊娠になる
・16~49歳の女性の6人に1人は中絶経験がある
・結婚していない、経済的に苦しいから中絶する。
・「赤ちゃんに申し訳ない」という罪悪感でいっぱいの女性達
※相談することもなく、一人で苦しんでいる女性が大変多い

◎「小さな命のドア」の活動
・2018年9月開始(24時間365日、いつでも相談可能)

◎相談の状況
・時 間:日中…42%、夜間…58%が多い、電話・LINE・メール・来所
・年 代:10代…10%、20代…43%、30代…32%、40代…6%、不明…9%
・結 婚:未婚…62%、既婚…38%
・相談者:妊婦…40%、産婦…37%、夫・パートナー・家族・その他
※1,350件、月100件の相談を受ける

※以上の事から、未婚の10~20代の女性が、助けを求めている現状がとても
よくわかる。そして、妊婦でも産婦でも、産むこと、育てることに悩み苦しんでおり、
救いの手が必要である。
母親の手で殺される子どもを1人でも多く救いたい!!赤ちゃんに手をかけ、
心に傷を負わせることのない支援が必要!!

<その他>
児童虐待防止活動の根幹にある母親の窮状を如何に救うかが、子供の命を守る活動であることを痛感した。
その支援の輪を広げ、一人でも多くの女性を助け、母子の将来を築いて行く活動を進めていく。

灘区命の授業を開催しました。
2019年07月20日

灘区命の授業を開催しました。

子供達の命を守る取り組みとして、子ども虐待防止アドバイザーの辻由起子先生をお迎えして、 「子育てがしんどい社会って何が原因?」というテーマで、令和元年7月20日(土)に第一回灘区命の授業を開催しました。

詳しくはこちら
高校生の取り組みに、驚きと感謝
2019年03月25日

高校生の取り組みに、驚きと感謝

昨年の夏に長田高校の生徒さんが、政治について探求しているのでインタビューを受けて欲しいと依頼がありました。 藤本政調会長と共にできる限り丁寧にお応えをさせていただきましたが、その時の内容はブログにも掲載させて頂きました。

詳しくはこちら
赤ちゃんに囲まれてとっても嬉しい!
2019年03月25日

赤ちゃんに囲まれてとっても嬉しい!

灘区のあるお宅に集まった子育てグループの集まりに参加させてもらいました。 木の香りと手触りがとても気持ちよい環境を作りだし、子供達ものびのびと遊べる素晴らしいお宅での楽しい茶話会でした。

詳しくはこちら
芸術に「さわってみて下さい」
2019年02月15日

芸術に「さわってみて下さい」

平成31年2月15日、兵庫県議会棟ロビーにて「さわるアート」が一日開催されました。 当日は、議場コンサートが開催された日であり、県下から200名近い県民が集まりました。

詳しくはこちら
2018 今年を振り返ってシリーズ その②
2018年12月31日

2018 今年を振り返ってシリーズ その②

「見逃すな!小さな叫び 小さな命!」 この言葉をスローガンに掲げて、児童虐待防止活動(オレンジリボンキャンペーン)を続けています。

詳しくはこちら
2018 今年を振り返ってシリーズ その①
2018年12月31日

2018 今年を振り返ってシリーズ その①

今年も後僅かとなりました。 この一年を改めて振り返ると、皆さんにお伝えできなかった事がたくさんありました。まとめてお伝えします。

詳しくはこちら
発達障害の子ども達に自立の手段確保を!
2018年12月26日

発達障害の子ども達に自立の手段確保を!

12月26日、企画県民部 山口部長に 「私立専修学校各種学校に係る平成31年度兵庫県予算編成に関する要望書」 を黒川 議連会長と一緒に渡して参りました。

詳しくはこちら
海と山の素晴らしい景観は、立派な観光資源!
2018年12月11日

海と山の素晴らしい景観は、立派な観光資源!

12月10日、県当局に『景観に配慮した防音壁設置の推進に対する要望書』を渡しました。名神高速道路(栗東~尼崎)、環状線(土佐堀~湊町)など、関西圏に高速道路が誕生して50余年。

詳しくはこちら
「よいしょー!よいしょー!」のかわいい声で年越えを迎えます。
2018年12月10日

「よいしょー!よいしょー!」のかわいい声で年越えを迎えます。

第64回歳末愛の餅つき大会が催されました。 灘区民の有志が組織するボランティア団体「楽生会」が主催する餅つき大会が来ると、年末なんだなぁと感じます。

詳しくはこちら
「目立たないけど…。頑張ります!」
2018年11月06日

「目立たないけど…。頑張ります!」

11/4の午後JR灘駅南側において、ミュージアムロードのモニュメントのお披露目式が開催されました。 JR灘駅を南側に下り、ズドーンと見下ろした道の行き止まりに、カエルが屋上にいる兵庫県立美術館があります。

詳しくはこちら
「あっ!いた!」
2018年10月23日

「あっ!いた!」

こどもみゅーじあむトラックに出会いました! 運転していて、目の前のトラックの後ろ姿が普通の景色とは違うのに気がついたので、何気なく見てみると…。

詳しくはこちら
龍神様に守られて…。
2018年10月01日

龍神様に守られて…。

「篠原の名水を防災に活用!」の続きです。 10月1日の読売新聞朝刊にて、お披露目の様子を取り上げていただきました。

詳しくはこちら
「篠原の名水」を防災に活用!
2018年09月30日

「篠原の名水」を防災に活用!

何かあった時にまず困るのが水! 坂の多い神戸では、給水車まで行くのも大変! そんな地域の皆様の声を聞き、神戸市灘区篠原北町の自治会が立ち上がり、地域の皆様に声を掛けました。

詳しくはこちら
ミロのビーナスが触り放題!
2018年09月16日

ミロのビーナスが触り放題!

9/14(金)に、神戸で「さわるアート」が開催されました。 夕食前の時間帯でしたが、参加者は50人程度で、とても有意義な会となりました。

詳しくはこちら
「若い世代も危機を感じている!日本の投票率の低さ!」
2018年08月18日

「若い世代も危機を感じている!日本の投票率の低さ!」

7月の末に、長田高校の3人の生徒さんから私にメールが来ました。神戸市の選出で、子育てを経験している議員という条件で、私がヒットしたのだそうです。

詳しくはこちら
酷暑の中の訓練!頑張りました!
2018年08月07日

酷暑の中の訓練!頑張りました!

8/5(日) 灘消防団の夏期訓練が挙行されました。あの暑さの中、灘消防団の総勢90名が基本行動、ポンプ操法、救急訓練の実演を行い、消防団の活動を地区の重鎮の皆さまにお披露目しました。

詳しくはこちら
あの雨の中「今の日本を知りたい!」という熱い思いの45名が集う!
2018年07月17日

あの雨の中「今の日本を知りたい!」という熱い思いの45名が集う!

7/7(土)「平成30年度 国・県・市の合同意見交換会」を開催しました。今回で3回目となる神戸市灘区においての意見交換会を、警報が発令中ではありましたが開催させて頂きました。

詳しくはこちら
県政レポートが発行されました
2018年07月04日

県政レポートが発行されました

「少子高齢化を踏まえた社会づくり」という大きな課題に向かって、今後も全力活動してまいります。

詳しくはこちら
「やっぱり、みんな考えてますね!」
2018年06月08日

「やっぱり、みんな考えてますね!」

『灘中央市場にできる空き地で何ができるか企む。』という講座に、30名以上の方々が集まってくれました。

詳しくはこちら
「お祭りは地域活性の要!」
2018年05月08日

「お祭りは地域活性の要!」

お祭りの日が、やって来た! お祭りになると、遠方にいた皆が集まって来る! 地域の皆さんが守り続けてきた伝統を絶やさぬように、今年もやります!

詳しくはこちら