「巨大ヒアリにドッキリ!!」

11/14(火)に、三田市にあります「人と自然の博物館(ひとはく)」に行って来ました。
冷たい雨の中でも子ども達が見学に来ており、賑やかな声も聞こえていました。

「ひとはく」と言えば、丹波市山南町で発見された恐竜『タンバティタニス・アミキティアエ』
が有名です。
しかし、館に入ってまず目を引いたのが「ヒアリ」の100倍模型でありました。
人と自然の博物館は、ヒアリが話題になった時にいち早くその情報を県民に伝えるべく、
模型を作り、その生態をビデオで流し、対処法等を展示したとのことでした。

100倍模型の横に実物のピン止め標本が並べてありましたが、虫眼鏡を用いてもなかなか判別が
できないほど小さな蟻でした。
マスコミで大変大騒ぎしていたので県民は不安に駆られましたが、きっちりと情報を掴み適切な
対処をすれば重大な事態にはならないと理解することが大切とつくづく感じた展示でありました。
情報が溢れている世の中で、賢く選別する能力を養わなくてはならないですね!

関連記事

  1. 「篠原の名水」を防災に活用!

    何かあった時にまず困るのが水!坂の多い神戸では、給水車まで行くのも大…

  2. 第355回定例会 一般質問(9月29日)をいたし…

    1 課題を抱える妊婦・乳幼児への総合的な支援について2 若者の貧困対…

  3. 芸術に「さわってみて下さい」

    平成31年2月15日、兵庫県議会棟ロビーにて「さわるアート」が一日開催されま…

  4. 鹿児島での研修報告

    8月5日・6日 第三回やねだん故郷創世スーパー塾。地域創世の代表格で…

  5. 「人への思いやり」が社会を明るくする

    区民集会において、神戸市立長峰中学校3年の中井雄太君が作文を発…

  6. 播州織のマスクを芸文センターに寄贈しました。

    令和2年12月9日、アートスタジオタカコの天野剛子氏と共に、佐渡 裕 芸術監…

  7. 『難病と闘う育海くんを応援します!』

    12月8日、「障害者に就労の機会を!」研究会に参加して参りました。講師は…

  8. 『世界遺産の和食の危機!? 出汁の真昆布の不漁が…

    この2~3年、北海道の真昆布の不漁が続いています。今年は8月の解禁後3回…

PAGE TOP