「若い世代も危機を感じている!日本の投票率の低さ!」

7月の末に、長田高校の3人の生徒さんから私にメールが来ました。

神戸市の選出で、子育てを経験している議員という条件で、私がヒットしたのだそうです。

彼らは「テーマを決めて探究する」 という授業の中で、テーマとしたことが、
「若い人々の投票率の低さ」であり、それについて探究しているとのことでした。

兵庫県議会では、私一人しか声を掛けていないとのことでしたので、
正確を帰して藤本政調会長にも同席をお願いしました。

質問の内容は…

・若者が政治に興味を持つために、どうしたらいいか

・若者の投票率を上げる為には、どうしたらいいか

・若者の投票率を上げる為には、自民党としてどのような活動をしているのか

・若者の投票率を上げる為には、兵庫県議会としてどのような活動をしているのか

・若者の投票率を上げる為に、どのような選挙運動をしているか

・投票権が18歳まで引き下げられた事についてどう思うか

・主権者教育を小学校高学年から行う事をどう思うか 等々

大変高いレベルの質問が矢継ぎ早に出て参りました。
それら一つ一つに対して出来る限りのお応えをさせて頂きました。

彼女達がこれまでに探究したこと…

・ドイツの選挙を調べると70%の投票率であった。

・70%まで上げる為には、幼少期からの教育が必要と考える

・小学校高学年からの主権者教育にどのように取り組むか

・オーストラリアに実際行って来た経験を活かす

等でした。

若い人々が政治に興味を持ってくれることがとても嬉しく、
また、頼もしい気持ちで1時間があっという間に過ぎました。

関連記事

  1. 第3回 灘区命の授業を企画しましたが、コロナ対策…

    昨年よりシリーズで開催しておりました「命の授業」でずが、第三回目は家族計画に…

  2. 「やっぱり、みんな考えてますね!」

    『灘中央市場にできる空き地で何ができるか企む。』という講座に、30名以上…

  3. 住民の立場に立った防災を!

    この度「景観に配慮した防災を考える議員連盟」を立ち上げ、加田幹事長ととも…

  4. 『世界遺産の和食の危機!? 出汁の真昆布の不漁が…

    この2~3年、北海道の真昆布の不漁が続いています。今年は8月の解禁後3回…

  5. 兵庫県の防災備蓄倉庫に行って来ました

    三木市総合防災公園の陸上競技スタジアムに設置されている防災備蓄倉庫に行って来…

  6. 「投票は18才から、演説会は0才から」

    この言葉は、小泉進次郎衆議院議員が3月20日に淡路市で開催された『兵庫県…

  7. 「人の頭蓋骨か?六甲山上で発見」

    6/29の神戸新聞朝刊に小さな記事が載りました。神戸市灘区六甲山上の…

  8. サンタジアのダンスコンテストが開催されました。

    12/19本場フィンランドのサンタクロース🎅と日本の子供たち…

PAGE TOP