県の功労者表彰を頂きました。

あっという間の10年でした。
兵庫県議会議員に神戸市灘区の皆様からご推挙を賜り、県民の皆様の声を県政に反映させるべく走ってまいりました。
「福祉・介護・子育てに全力投球!」のスローガンに基づき、私から様々な政策提言をさせて頂きました。特に子供の命を守る活動として「ちいさな命のドア」事業の推進に力を入れております。
他にも、障害者アートの推進に力をいれ、兵庫県が日本で初めて「障害者アートの常設展示場」を設置することに繋がりました。
「福祉の北浜」といわれるようになることを目指し、福祉政策を深く追求して参りました。

10年前、故 原 亮介先生と地域挨拶に回っておりました平成23年3月11日。あの東北の大震災が起こり、選挙活動は急きょ中止となりました。
阪神淡路大震災の記憶も新しい中で、東北の大災害を目の当たりにして、災害対策は行政に携わるものの使命と考え、防災士になり、様々な防災施策や災害時の施策について、追及できる議員となれるようにと日々努力をして参りました。
防災について考えたときに、井戸敏三知事が関西広域連合を指導して、カウンターパート方式にて支援をしたことは、大いに評価されるべきであると考えています。その井戸敏三知事も令和3年7月31日をもって、兵庫県庁から離れていかれました。

今まで、私達自民党が支えてきた県政は井戸県政でありますが、これからは、斎藤県政を支えてまいります。
10年を振り返って様々なことを思い起こしますが、これからも明るい兵庫県を目指して頑張ってまいります。
今後ともより一層のご支援・ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げます。

関連記事

  1. これからの医療とまちづくりシンポジウム

    「これからの医療とまちづくりシンポジウム」に参加してきました。10/…

  2. 2017年を振り返って③「女性が政治に興味を持つ…

    2017年を振り返ってシリーズの第3弾です。今年の活動の締めくくりの一つ…

  3. 「お祭りは地域活性の要!」

    お祭りの日が、やって来た!お祭りになると、遠方にいた皆が集まって来る…

  4. 「生きる道」を選んで欲しい

    4月28日に開催された、「いのち支える自殺対策 トップセミナーin兵庫」に参…

  5. インターンシップ学生との交流

    8/25に県庁にインターンシップで来ている渡邉さんと意見交換を行いました。…

  6. 「若い世代も危機を感じている!日本の投票率の低さ…

    7月の末に、長田高校の3人の生徒さんから私にメールが来ました。神戸市…

  7. 障害者アートが商品となり、仕事に繋がりました!

    就労支援施設に通うメンバーが、心のままに描いた『うし』をデザイン化しクリアフ…

  8. 第2回 灘区命の授業を開催しました

    「こんなにも困っている妊婦さんがいたのか!その現状に心が痛みました。」今回は…

PAGE TOP