「元気な高齢社会の構築」「子そだて環境の整備充実」

自民党 兵庫県会議員 北浜みどり

ご挨拶にも触れましたが、超少子高齢化社会に必要なことは元気な高齢者をつくる事と思います。高齢者をつくるという言葉は大変お叱りを受けるか も知れませんが、何もしなくても健康という方は別として、基本的には健康は作る物であると思います。
現代の医療事情を見ても75歳以上の医療費の急増は国の財政を大変圧迫し、その結果後期高齢者医療制度ができました。現代病と言われる糖尿病・高血圧・高脂血症などによる心疾患・脳血管疾患などで治療を受けている方々の治療は、主に投薬治療と生活改善指導です。

詳しくはこちら

「元気な高齢者社会の構築」
「子そだて環境の設備充実」

平成18年6月に自由民主党兵庫県連が、県議会議員及び市会議員の公募をしました。その一枚のチラシが私の政治家への契機・第一歩となりました。
私は長年薬業界に身を置き、地域の皆様の健康増進に役立つために日々汗を流しておりました。特に高齢の方や障害を持っている方々の健康維持・増進に対し、如何に元気で過ごすことができるかを追及し、運動法を研究し、生活習慣の改善を指導して、そして様々な成果を出して皆様に喜んでいただいておりました。

詳しくはこちら
「巨大ヒアリにドッキリ!!」
2017年11月16日

「巨大ヒアリにドッキリ!!」

11/14(火)に、三田市にあります「人と自然の博物館(ひとはく)」に行って来ました。 冷たい雨の中でも子ども達が見学に来ており、賑やかな声も聞こえていました。

詳しくはこちら
『木の根っこが防災に一役!』
2017年10月26日

『木の根っこが防災に一役!』

10/24(火)「森林林業フォーラム2017」に参加しました。 兵庫県森林林業技術センターが開催した、減災研究の最前線の発表会で、80名近い一般市民が兵庫県の減災対策を真剣に聴いていました。

詳しくはこちら
「本当に、本当にスゴい人、人、人でした!」
2017年10月18日

「本当に、本当にスゴい人、人、人でした!」

10/14(土)の夕刻、神戸市東灘区のJR摂津本山駅の北側交差点に、安倍総理が盛山 正仁 候補の応援に駆けつけて下さいました。

詳しくはこちら
「翼をください」の真の意味を知りました。
2017年10月2日

「翼をください」の真の意味を知りました。

9/30(土)に兵庫県立西神戸高等特別支援学校の開校記念式典に出席し、僭越ながらご挨拶させて頂きました。驚いたことに、当校の校歌を作詞・作曲してくれたのが、あの「紙ふうせん」の後藤悦治郎さんでした。

詳しくはこちら
「赤ヘル旋風の立役者!鉄人衣笠!」に会えて感激です!
2017年9月23日

「赤ヘル旋風の立役者!鉄人衣笠!」に会えて感激です!

9/16~9/19に行われたスポーツマスターズ兵庫大会の前夜祭にての一時。

詳しくはこちら
『世界遺産の和食の危機!? 出汁の真昆布の不漁が続く!』
2017年9月4日

『世界遺産の和食の危機!? 出汁の真昆布の不漁が続く!』

この2~3年、北海道の真昆布の不漁が続いています。 今年は8月の解禁後3回しか漁に出られなかったとのこと、和食の基本である出汁(だし)が危機状態です。

詳しくはこちら
元気兵庫の実現へ向けて邁進いたします
2017年8月30日

元気兵庫の実現へ向けて邁進いたします

8月の県政報告です。今後も地域事情を反映した政策作りと、若者が参加できる政治の実現に向けて活動を進めていきます。

詳しくはこちら
「人への思いやり」が社会を明るくする
2017年7月30日

「人への思いやり」が社会を明るくする

[灘区を明るくする区民運動] 区民集会において、神戸市立長峰中学校3年の中井雄太君が作文を発表してくれました。 人として忘れてはならない事を中井君は教えてくれました。 少し長い文章ですが、中井君の許可を得て全文をご紹介します。

詳しくはこちら
「人の頭蓋骨か?六甲山上で発見」
2017年7月10日

「人の頭蓋骨か?六甲山上で発見」

6/29の神戸新聞朝刊に小さな記事が載りました。 神戸市灘区六甲山上の「さわるみゅーじあむ 山の上美術館」に行くための道の、補修工事をしていたときに起きたことです。

詳しくはこちら
「灘消防団女性消防隊発隊式」
2017年7月2日

「灘消防団女性消防隊発隊式」

今年の9月30日(土)に秋田県で、第23回全国女性消防操法大会が開催されます。 全国47チームが集まり、きびきびした行動、ホースの延長状況、タイム等を競います。

詳しくはこちら
石破茂先生の講演会を開催いたしました
2017年6月19日

石破茂先生の講演会を開催いたしました

6月17日に石破茂先生の講演会を開催させて頂き、400名近い方々が石破先生のお話を大変楽しみに、お集まりくださいました。

詳しくはこちら
本当に、本当に、感激しました!!
2017年6月2日

本当に、本当に、感激しました!!

「第4回 知的障害者によるアンクルン演奏会」に行ってきました。 知的障害を持つ方々がインドネシアの竹製伝統楽器アンクルンを演奏する 会でありますが、今年は神戸市民オーケストラとの共演をするということで、 大変楽しみにして参りました。

詳しくはこちら
住民の立場に立った防災を!
2017年5月30日

住民の立場に立った防災を!

この度「景観に配慮した防災を考える議員連盟」を立ち上げ、加田幹事長とともに井戸知事に報告致しました。

詳しくはこちら
「生きる道」を選んで欲しい
2017年4月30日

「生きる道」を選んで欲しい

4月28日に開催された、「いのち支える自殺対策 トップセミナーin兵庫」に参加しました。我が国の自殺者数は年間2万人を超えています。

詳しくはこちら
「投票は18才から、演説会は0才から」
2017年4月20日

「投票は18才から、演説会は0才から」

この言葉は、小泉進次郎衆議院議員が3月20日に淡路市で開催された『兵庫県議会自由民主党政務調査会』で講演されたスローガンです。

詳しくはこちら
「一輪の花が心を落ち着かせる」
2017年3月31日

「一輪の花が心を落ち着かせる」

昨年9月よりシリーズで開催している『QOLの向上を目指そう!』の第3回目の勉強会を3/17(土)に岩屋青年会館で開催しました。 日々忙しい現代人はとにかく時間に追われ、イライラしていて、すぐにカッとなってしまう傾向があります。

詳しくはこちら
「今だけ」「あなただけ」「ここだけ」が人を満足させる!!
2017年3月28日

「今だけ」「あなただけ」「ここだけ」が人を満足させる!!

3月26日、宍粟市選出・春名哲夫議員の県政報告会に石破茂衆議院議員が来られ、 「地域創生。宍粟の元気づくり」の演題で70分間の力強いお話をされました。

詳しくはこちら
「あなたはハンセン病の事を知っていますか?」
2017年2月24日

「あなたはハンセン病の事を知っていますか?」

2月4日に、「ハンセン病問題に関するシンポジウム」が開催されました。 この会が兵庫県で開催されるのは初めてのことです。

詳しくはこちら
小泉進次郎先生にお会いしました。
2017年2月18日

小泉進次郎先生にお会いしました。

先日、小泉進次郎先生の事務所にお伺いさせていただきました。 3/20に淡路で開催されます「自民党兵庫県議会政務調査会」において、小泉先生に基調講演をお願いしておりますので、その打ち合わせに執行部として行かせていただきました。

詳しくはこちら
とっても変わった人達の集まり…。
2017年1月29日

とっても変わった人達の集まり…。

先日、異才発掘プロジェクト(ROCKET)の活動報告会に行って来ました。 ロケット(ROCKET)とは、東京大学の先端科学技術研究センターが行っている研究です。

詳しくはこちら
2016年1月

1億総活躍社会めざして地方創生を

昨年の統一地方選挙において、 灘区の皆様より県政に押し出して いただき、2期目として県議会及 び県議団において要職に就き、微 力ながら誠心誠意務めさせていた だいております。

詳しくはこちら
2015年1月

政調副会長として陳情担う

私の議会活動としましては、 兵庫県議会自由民主党議員団の 執行部に入り、政務調査副会長 としての責務を担っておりま す。

詳しくはこちら
2014年6月

介護・子育てに3年間全力投球

この3年間は「介護・子育 てに全力投球!」と皆様にお約 束致しました事を貫き、福祉政 策の改善や充実を求める事に多 くの時間を費やして参りました。

詳しくはこちら
2014年6月

介護・子育てに3年間全力投球

この3年間は「介護・子育 てに全力投球!」と皆様にお約 束致しました事を貫き、福祉政 策の改善や充実を求める事に多 くの時間を費やして参りました。

詳しくはこちら
2013年9月

県営住宅への確保を実現!

第1回「北浜 みどり県政報告会」を神戸 市内で開催し、平日にも関 わらず400人近い方々にお 集まり頂きましたこと、心 からの感謝とお礼を申し上 げます。

詳しくはこちら
2013年5月

北浜みどり県政報告会 開催のお知らせ

詳しくはこちら
2012年6月

心の絆をつなげる行動に邁進します

高齢者の元気づくりと就労を!
子どもの命を守る取り組みへ
障碍者施策の充実めざす

詳しくはこちら
2011年9月

“兵庫型”福祉の展開をいまこそ

地域住民が こぞって参画し、県が先頭 に立って“兵庫型”福祉を 築き上げるため、まずは行 政に興味を持ってもらうよ う訴えていきます」と意気 込みを話しています。

詳しくはこちら