「元気な高齢社会の構築」「子そだて環境の整備充実」

Greeting

ご挨拶

ごあいさつ

歴史・文化・芸術、そして教育の活力溢れる灘区を
起点として活動出来る幸せ

平成18年6月に自由民主党兵庫県連が、県議会議員及び市会議員の公募をしました。その一枚のチラシが私の政治家への契機・第一歩となりました。

私は長年薬業界に身を置き、地域の皆様の健康増進に役立つために日々汗を流しておりました。特に高齢の方や障害を持っている方々の健康維持・増進に対し、如何に元気で過ごすことができるかを追及し、運動法を研究し、生活習慣の改善を指導して、そして様々な成果を出して皆様に喜んでいただいておりました。

その体験から超高齢社会の日本に必要なのは、元気で生き生きと過ごす事が出来る高齢者がたくさんいることであり、その対策を政府は目指すべきであると常日頃考えておりました。その折りに自民党の公募を知り、当時の政権党である自民党が私の考えにどのような意見をくれるかに大変興味を持ち応募をいたしました。

その結果「あなたの様な意見を自民党は望んでいた。是非とも県政の場でその活動をしてください」と幸運にも公認を頂くこととなりました。

しかし、今まで全く政治の世界に無関係の一般市民で一主婦である私には、選挙という物が全く分かっていませんでした。家族も知人も政治に関わったことのある人は誰一人いなく、地盤もなく急ごしらえの手探り状態のなか、平成19年の統一地方選挙を戦い、12,098票の得票を頂きましたが僅か240票差の次点で惜敗をいたしました。政治の素人で新人の私が「介護と子育て」そして「元気な高齢者社会」を訴え続けて12,098票を頂いたということは、市民の皆様が私の政策に期待をして頂いている証であると確信いたしました。

平成23年度の統一地方選挙において再挑戦を望んでおりました時に、原 亮介先生より後継のお声を頂きましたことで、私に県政での活動の途が拓かれました。原 亮介先生は少子高齢化社会に向けその道に通じた人材をと私を選んで下さいました。その信頼に応えるべく、そして私の政策に賛同して16,097票を投じてくださった市民の皆様のご期待に応えるべく精一杯努力致して参ります。

歴史・文化・芸術、そして教育の活力溢れる灘区を起点として活動出来る幸せを深く身に感じながら、さらに行動の輪を広げて行きたいと存じます。 何卒、ご支援賜りますよう心よりお願い申し上げます。

『世界遺産の和食の危機!? 出汁の真昆布の不漁が続く!』
2017年9月4日

『世界遺産の和食の危機!? 出汁の真昆布の不漁が続く!』

この2~3年、北海道の真昆布の不漁が続いています。 今年は8月の解禁後3回しか漁に出られなかったとのこと、和食の基本である出汁(だし)が危機状態です。

詳しくはこちら
元気兵庫の実現へ向けて邁進いたします
2017年8月30日

元気兵庫の実現へ向けて邁進いたします

8月の県政報告です。今後も地域事情を反映した政策作りと、若者が参加できる政治の実現に向けて活動を進めていきます。

詳しくはこちら
「人への思いやり」が社会を明るくする
2017年7月30日

「人への思いやり」が社会を明るくする

[灘区を明るくする区民運動] 区民集会において、神戸市立長峰中学校3年の中井雄太君が作文を発表してくれました。 人として忘れてはならない事を中井君は教えてくれました。 少し長い文章ですが、中井君の許可を得て全文をご紹介します。

詳しくはこちら