心を運ぶ、「こどもミュージアムトラック」

とっても素晴らしい活動に出会いました!
「なんとかして、危険運転・交通事故を無くしたい…」
トラック運転士の願いから生まれたトラックが『こどもミュージアムトラック』です。

こどもミュージアムトラックとは、こども達の絵をトラックにラッピングすることです。

こどもミュージアムトラックにすると…
●運転士の運転が優しくなります。
●後ろを走っている車の運転が優しくなります。
●サービスエリアでいろんな人から声をかけられます。
●その他お取引様からも声をかけられます。
●トラックを見た全ての人の心に「優しい気持ち」が生まれます。

この活動を広めている方が、高槻市の(株)宮田運輸の代表取締役社長 宮田博文さんです。

宮田社長は、4年前に自社のトラックが起こした事故により、失われた43才の命と、
仕事に一生懸命取り組んでいながら事故を起こしてしまった43才の社員、その双方の家族を
含め人生を狂わした事故の悲惨さに、なんとか事故を防ぐ手立てはないかと模索していました。

運転士の心に「ゆとり」や「優しい気持ち」が無ければ事故は無くならない、そう思い至った時、
一人の運転士が自分の子供の絵をダッシュボードに飾っているのが目にとまったそうです。
子供が一生懸命描いたものは真っ直ぐに心に届く。そう気づいた瞬間でした。

その後、自社のトラックにこども達が描いた絵をラッピングする活動を開始したのです。
そうすると、トラックを大切にする運転士が増えてきたことはもちろん、トラックを拝む
おばあさんや、一緒に写真を撮りたいという女子大生も目にしてきました。
また、煽ってくる車もなくなったとのことです。

宮田社長はこの活動を全国に広め、日本国内を走っている150万台の50%の75万台にラッピング
することを目指して活動中です。

「日本中にこどもミュージアムトラックを走らせたい!」「みんなで優しい社会を作りたい!」
という気持ちは昨年NHKでも取り上げられました。

私もこどもミュージアムトラックを見てみたい!見たらすぐにアップします。

関連記事

  1. あの雨の中「今の日本を知りたい!」という熱い思い…

    7/7(土)「平成30年度 国・県・市の合同意見交換会」を開催しました。…

  2. 「やっぱり、みんな考えてますね!」

    『灘中央市場にできる空き地で何ができるか企む。』という講座に、30名以上…

  3. 『木の根っこが防災に一役!』

    10/24(火)「森林林業フォーラム2017」に参加しました。兵庫県森林…

  4. 第3回 灘区命の授業を企画しましたが、コロナ対策…

    昨年よりシリーズで開催しておりました「命の授業」でずが、第三回目は家族計画に…

  5. 「生きる道」を選んで欲しい

    4月28日に開催された、「いのち支える自殺対策 トップセミナーin兵庫」に参…

  6. 「若い世代も危機を感じている!日本の投票率の低さ…

    7月の末に、長田高校の3人の生徒さんから私にメールが来ました。神戸市…

  7. 「灘消防団女性消防隊発隊式」

    灘区女性消防団!発隊式!ポンプ操法全国大会に出場!今年の9月30日(…

  8. 「人の頭蓋骨か?六甲山上で発見」

    6/29の神戸新聞朝刊に小さな記事が載りました。神戸市灘区六甲山上の…

PAGE TOP