心を運ぶ、「こどもミュージアムトラック」

とっても素晴らしい活動に出会いました!
「なんとかして、危険運転・交通事故を無くしたい…」
トラック運転士の願いから生まれたトラックが『こどもミュージアムトラック』です。

こどもミュージアムトラックとは、こども達の絵をトラックにラッピングすることです。

こどもミュージアムトラックにすると…
●運転士の運転が優しくなります。
●後ろを走っている車の運転が優しくなります。
●サービスエリアでいろんな人から声をかけられます。
●その他お取引様からも声をかけられます。
●トラックを見た全ての人の心に「優しい気持ち」が生まれます。

この活動を広めている方が、高槻市の(株)宮田運輸の代表取締役社長 宮田博文さんです。

宮田社長は、4年前に自社のトラックが起こした事故により、失われた43才の命と、
仕事に一生懸命取り組んでいながら事故を起こしてしまった43才の社員、その双方の家族を
含め人生を狂わした事故の悲惨さに、なんとか事故を防ぐ手立てはないかと模索していました。

運転士の心に「ゆとり」や「優しい気持ち」が無ければ事故は無くならない、そう思い至った時、
一人の運転士が自分の子供の絵をダッシュボードに飾っているのが目にとまったそうです。
子供が一生懸命描いたものは真っ直ぐに心に届く。そう気づいた瞬間でした。

その後、自社のトラックにこども達が描いた絵をラッピングする活動を開始したのです。
そうすると、トラックを大切にする運転士が増えてきたことはもちろん、トラックを拝む
おばあさんや、一緒に写真を撮りたいという女子大生も目にしてきました。
また、煽ってくる車もなくなったとのことです。

宮田社長はこの活動を全国に広め、日本国内を走っている150万台の50%の75万台にラッピング
することを目指して活動中です。

「日本中にこどもミュージアムトラックを走らせたい!」「みんなで優しい社会を作りたい!」
という気持ちは昨年NHKでも取り上げられました。

私もこどもミュージアムトラックを見てみたい!見たらすぐにアップします。

関連記事

  1. 第3回 灘区命の授業を企画しましたが、コロナ対策…

    昨年よりシリーズで開催しておりました「命の授業」でずが、第三回目は家族計画に…

  2. 小泉進次郎先生にお会いしました。

    先日、小泉進次郎先生の事務所にお伺いさせていただきました。3/20に淡路…

  3. 2017年を振り返って②「大自然を感じられる防災…

    2017年を振り返ってシリーズの第2弾です。今年の中盤戦は、景観と防災を…

  4. 2018 今年も振り返ってシリーズ その②

    2018年の振り返り、その②です。 「見逃すな!小さな叫び …

  5. 海と山の素晴らしい景観は、立派な観光資源!

    12月10日、県当局に『景観に配慮した防音壁設置の推進に対する要望書』を渡し…

  6. 本当に、本当に、感激しました!!

    「第4回 知的障害者によるアンクルン演奏会」に行ってきました。知的障害を…

  7. 勉強会に参加しました

    9月17日に「QOLの向上をめざそう!!」シリーズの勉強会に参加してきました…

  8. 龍神様に守られて…。

    「篠原の名水を防災に活用!」の続きです。10月1日の読売新聞朝刊にて…

PAGE TOP