令和2年度兵庫県・阪神地区合同防災訓練に参加して参りました!

令和2年9月20日(日)、尼崎市立中央中学校を中心として、県内各地区で合同防災訓練が開催されました。
訓練内容は、次の4ヵ所で同時に行われ、約800名が連携した訓練でありました。
〇尼崎市立中央中学校…感染症に対応した避難所設置・運営訓練等
〇三田市立母子小学校…孤立集落救出救助訓練
〇阪神南広域防災拠点…陸海空による物資搬送訓練、重傷者広域搬送訓練
〇兵庫県広域防災センター…SUC(広域医療搬送拠点臨時医療施設)設置・運営等訓練

訓練想定は、「コロナ禍での南海トラフ地震の発生及び風水害による孤立集落の発生を想定」してでありましたが、
発災時にどのようなことが起きるかは想定出来るものではありませんが、「いざ!」という時には必ず役に立つのが
日ごろの訓練でありますし、いつ何時、何が起きても統制された動きが、私たちの命を助けてくれるのは確実です。

私は、尼崎市立中央中学校のメイン会場の訓練を見させていただきました。スピーディーな動きの中に確実な救助の手順を目の当たりすると、
その有難さが身に染みてまいりました。
同時に開催されている展示ブースでは、ペットの問題や、避難所の設営、非常食の作り方など、日ごろの生活にも大変参考になる展示もありました。
おにぎり1個だけをお米から作る方法や、お湯につけるだけで柔らかくなるお芋など、たくさん写真に撮りましたが、いつかやってみたいことばかりでした。
是非とも、皆様、ご近所で防災訓練がありました時にはご参加いただき、体験をすることでより深い知識を獲得されますことをお勧めいたします。

関連記事

  1. 「投票は18才から、演説会は0才から」

    この言葉は、小泉進次郎衆議院議員が3月20日に淡路市で開催された『兵庫県…

  2. 「あなたはハンセン病の事を知っていますか?」

    2月4日に、「ハンセン病問題に関するシンポジウム」が開催されました。この…

  3. 県政レポートが発行されました

    「少子高齢化を踏まえた社会づくり」という大きな課題に向かって、今後も全力活動…

  4. 「よいしょー!よいしょー!」のかわいい声で年越え…

    第64回歳末愛の餅つき大会が催されました。灘区民の有志が組織する…

  5. 2017年を振り返って②「大自然を感じられる防災…

    2017年を振り返ってシリーズの第2弾です。今年の中盤戦は、景観と防災を…

  6. 高校生の取り組みに、驚きと感謝

    昨年の夏に長田高校の生徒さんが、政治について探求しているのでインタビューを受…

  7. 小規模水力発電が灘区水車新田でスタートしました!…

    10年の月日をかけて漸く実用化となった小規模水力発電です。六甲山…

  8. 令和2年第351回定例会において自民党を代表して…

    質問は下記の内容でありますが、県政全体にかかることから各項目別に細かく問うな…

PAGE TOP