ザックリと傷口が開いたリストカットの跡

3/12,3/19の二日間、「良心塾」の黒川洋司氏のご講演を賜りました。
「良心塾」とは、社会から外れた子供たちと共に暮らし、働き、勉強をすることで、自立を促す職親プロジェクトの取り組みの一つです。

その門を叩く子供たちは、様々な虐待を受け心身ともに深く傷ついていました。
実の母親から覚醒剤を覚えさせられた子は、様々な犯罪に手を染め、また、自分の体を痛めつけていました。
私もリストカット跡を何度となく見てきましたが、あんなにもザックリと口を開いている腕を見たのは初めてです。それも3箇所も…。

黒川さんが訴えておられることは、被虐待児の彼らは全て愛情に飢えている。愛着障害と簡単には言えないほど、干上がった土のように、心がパサパサでカラカラなのである。

その土壌をしっかりと肥やしていく、言い換えれば彼らの乾いた心に、愛情を注ぎ続けることが、彼らを救う唯一の方法である。
その為には、彼らが自分が大切な存在であると理解するまで、じっと待ち続けること。
        等々
と実際の例を交えながらお話くださいました。
一時間があっという間の素晴らしいご講演を賜り、黒川先生には心から感謝申し上げる次第です。

私も、保護司の一人として、乾いた若者の心を如何に潤すことができるのか、という課題に真剣に取り組んで参ります。
ご支援賜りますようお願い申し上げます。

関連記事

  1. 『難病と闘う育海くんを応援します!』

    12月8日、「障害者に就労の機会を!」研究会に参加して参りました。講師は…

  2. 9月29日定例会で一般質問をいたしました。

    一般質問の模様はYoutubeにてご覧ください。1.こども家庭庁の政策に…

  3. 灘浜緑地の清掃活動を行いました!

    8/5(土)灘浜緑地の清掃活動をしました。ゴミは前回より少なめでしたが、…

  4. 令和2年第351回定例会において自民党を代表して…

    質問は下記の内容でありますが、県政全体にかかることから各項目別に細かく問うな…

  5. 海と山の素晴らしい景観は、立派な観光資源!

    12月10日、県当局に『景観に配慮した防音壁設置の推進に対する要望書』を渡し…

  6. 「目立たないけど…。頑張ります!」

    11/4の午後、JR灘駅南側において、ミュージアムロードのモニュメントのお披…

  7. 原田の森に『障害者アートギャラリー』がオープンし…

    日本で初めての障害者アートの常設展示場が、神戸市灘区の兵庫県立美術館王子分館…

  8. 法務省のホームページに掲載されました

    令和2年7月14日(火),森法務大臣は,末松信介参議院議員及び加田裕之参議院…

PAGE TOP