スピード感が違う、凄い迫力!

晴天の下、障害者のじぎくスポーツ大会の第一日目(車いす使用者の部)が神戸市総合運動公園陸上競技場で開催されました。
パラリンピックでお馴染みとなりました障害者スポーツですが、生で見ると迫力があります!
アッと!言う間に目の前を通り過ぎる自転車にカメラの焦点が合いません💧

本日5/4〜5/28まで兵庫県下において開催されるスポーツ大会です。
水泳、一般卓球、ボウリング、陸上競技、フライングディスク、サウンドテーブルテニス、ボッチャ、ソフトボール、サッカー、バスケットボール、バレーボール、が開催されます。

本日は車いす使用者の大会ですが、スピードを競う競技以外にも、身体トレーニングを主とするものや、車椅子の乗りこなしを競うものなど様々な競技があり、とても楽しく応援させて頂きました。

関連記事

  1. 関西広域連合兵庫県議会代表議員に選ばれました

    本年度の関西広域連合兵庫県議会代表議員に選ばれました。兵庫県議会からは5…

  2. 障害者アートが商品となり、仕事に繋がりました!

    就労支援施設に通うメンバーが、心のままに描いた『うし』をデザイン化しクリアフ…

  3. 目の代わりとなるAI技術!

    「視覚障がい者AI誘導装置(ダイナグラス)」が希望の光となります!先日、…

  4. 【2023年統一地方選挙】9日間に渡る選挙戦が終…

    連日大きな声でお騒がせ致しました。事務所に駆け付けてくださった方、…

  5. 県政レポートが発行されました

    「少子高齢化を踏まえた社会づくり」という大きな課題に向かって、今後も全力活動…

  6. 8月3日はハチミツの日!

    早朝からずっと誕生日のお祝いメールとお言葉をたくさん頂きました。ありがと…

  7. 2017年を振り返って①「とっても爽やかだった!…

    「2017年を振り返って」シリーズの第1弾です。今年の3月20日に、淡路…

  8. 加藤厚生労働大臣に「元気な高齢社会づくり」に向け…

    9/1 加藤勝信 厚生労働大臣への面談が、盛山正仁衆議院議員のお力添えで実現…

PAGE TOP