目の代わりとなるAI技術!

「視覚障がい者AI誘導装置(ダイナグラス)」が希望の光となります!
先日、兵庫県立工業技術センターと㈱デジタルアテンダント(東京都)の共同開発で進めていた「視覚障がい者AI誘導装置(ダイナグラス※)」の研究プロジェクトの発表会がありました。

ダイナグラスとは、目の見えない方が、小型カメラを首に掛け、そのカメラが捉えた映像を言語に変えて、情報をお伝えするという機械の名称です。
AIが誕生したからこそ実現できた技術ですが、長年、兵庫県と民間会社が研究開発を続け、実用化が可能となりました。
視覚障がい者の方々の補助としては「白杖」や「盲導犬」があげられますが、これは障害物を探知するものであり、目に変わるものではありません。

ダイナグラスは、信号の青・赤を感知して安全な歩行を誘導したり、メニューや新聞を読んだりすることができます。
私は今回の一定の分野での実用化において、まず、神戸市から、日常生活用具※として認定してもらえるように、デジタルアテンダントの金子社長と共に、神戸市の担当者に説明に伺いました。

視覚障害者のQOLを高める素晴らしい技術ですが、機材の購入に対する助成金を取得するまでには様々な要件をクリアしなければなりません。
これからも、一歩、一歩進めて参ります。
北浜
※ダイナグラス
https://glass.digitalattendant.co.jp/
※日常生活用具
https://www.mhlw.go.jp/…/shougaishah…/yogu/seikatsu.html

関連記事

  1. みんないっしょ!の形が見えてきました。

    先日、灘区役所に於いてプレゼンをさせて頂いた「ゆめのはこ」構想ですが、少しづ…

  2. 金沢へ行って参りました

    2015年3月14日に北陸新幹線が金沢まで開通し、金沢への観光客が増えている…

  3. 障害者支援に頑張る若い人達に会って来ました!

    障害者支援に頑張る若い人達に会って来ました!神戸市中央区のマンション…

  4. 海と山の素晴らしい景観は、立派な観光資源!

    12月10日、県当局に『景観に配慮した防音壁設置の推進に対する要望書』を渡し…

  5. とっても変わった人達の集まり…。

    先日、異才発掘プロジェクト(ROCKET)の活動報告会に行って来ました。…

  6. 「笑いは、認知症をも吹っ飛ばす!」

    この度、神戸市灘区のデイサービス「笑福門」の活動に参加させていただく事となり…

  7. 自然の物と人工的な物の違いは投目でも分かります。…

    毎月第一土曜日に行っている灘浜緑地公園の清掃活動ですが、タバコの吸い殻や、ビ…

  8. 阿部扶早先生「地球のおかあさん達へ」YouTub…

    子育てに悩んでいるお母さん達に是非とも見て欲しいYouTubeがあります!…

PAGE TOP